仏壇を買った後は開眼供養が必要!|開眼供養の準備と流れ

仏壇の開眼供養写真

お仏壇や位牌を新しく購入した時もしくはお引越しや場所の移動でお仏壇を動かす時に必要になるのが、
「開眼供養(かいがんくよう)」という儀式です。 初めてお仏壇を購入される方にとっては、
聞きなれない言葉かもしれませんが、実は、お仏壇は設置するだけでは単なる箱にすぎません。

では、開眼供養とはどのようなもので、いつ行うのでしょうか。ここでは、開眼供養を行うタイミングや
費用について詳しく説明していきますので、参考にしてください。

 

そもそも開眼供養とは?

「開眼供養」とは、仏壇やお墓、位牌などを新しく購入する際に、お坊さん(僧侶)を招いて読経していただく儀式となります。
お坊さんに読経していただく事により、安置している仏壇のご本尊(仏像)や位牌の目を開くことで、
霊験(れいげん)が宿ることになります。
※霊験とは、お祈りすることで、神仏が示す不思議な利益や験のことを言います。

仏壇の中に安置しているご本尊や位牌に魂を入れ込む儀式となるため、
「御魂入れ」「御性根入れ」「入魂式」などとも呼ばれています。 なお、開眼供養の対象として勘違いされやすいのですが、
開眼供養は、お仏壇に対して行うものではなく、お仏壇の中に安置されているご本尊や位牌に対して
行うものであるということです。

お仏壇を購入する際は、お仏壇だけではなく、ご本尊や位牌なども一緒に購入されるかと思いますが、
念のために、開眼供養の対象を購入していることは確認しておくと良いでしょう。


ちなみに、浄土真宗では、宗派の考えから位牌を準備することはありません。そのため、開眼供養も行いませんが、
代わりに「御移徙(おわたまし)」と言われる法要を行います。

お仏壇を買った後には開眼供養が必要!

冒頭文でも触れた通り、お仏壇や位牌を購入した後、自宅に届いたら、まず「開眼供養」を行います。
開眼供養を行うことにより初めて、毎日、手を合わせて感謝をしたり、供養をしたりする対象となるのです。

お坊さん便バナー

お坊さん便バナー

開眼法要にお坊さんを手配したい方はこちら

 

開眼供養を行う場所は?

開眼供養を行う場所は、お仏壇を設置する場所もしくはお寺となります。
そのため、購入をした仏具店で執り行えるものではありません。 お仏壇に安置されているご本尊に対して行う場合は、
お仏壇を設置している場所で行いますが、位牌の場合は、お寺で儀式を執り行うこともできます。

 

開眼供養を行う時期・タイミングは?

開眼供養を行う時期・タイミングはいくつかありますが、主に以下のタイミングになります。
初めてお仏壇を購入される際は、開眼供養のタイミングも考慮して購入されると良いでしょう。

・四十九日法要 ・一周忌法要
・お仏壇を初めて購入した時
・お引越ししてお仏壇の設置場所を移動する時
・同じ屋内で、別の部屋にお仏壇を移動する時
※同じ室内で移動する場合は必要ありません

開眼供養にあたって必要となるもの

こちらでは、開眼供養にあたって必要となるものについて説明していきます。
開眼供養は仏教の儀式の中の一つですが、慶事となりますので、通常の法事(法要)とは準備するものが異なります。
準備するものを以下にまとめましたので、参考にしてください。

・お仏壇をはじめとした仏具一式 ・位牌 ※四十九日法要を一緒に執り行う場合のみ
・朱ロウソク ※開眼供養は慶事となるため、白ロウソクではありません
・餅 ・赤飯 ・海の幸(乾燥昆布、わかめなど)
・山の幸(乾燥シイタケや栗など)
・里の幸(野菜や果物など)

なお、法要(法事)と一緒に執り行う場合は、開眼供養と法要で使うものを準備しておくことになります。
開眼供養は慶事(けいじ)、法要は弔事(ちょうじ)となりますので、準備するものも異なります。
早め、早めの準備を心がけましょう。

開眼供養にあたって必要なこと

次に、開眼供養にあたって必要なことについて、説明していきます。
準備するものを以下にまとめましたので、参考にしてください。

・僧侶への依頼および日時決め
・参列者への連絡および出欠の確認
・会食の手配
・引き物の手配
・お布施の準備

実際の開眼供養の主な準備と流れ

では、実際に開眼供養を執り行うときの準備と流れについて説明します。
大まかな流れとしてはどの宗派でも大きな違いはありませんせんが、細かいところでは異なります。
こちらでは、代表的な流れについて説明していきます。

なお、各宗派の細かい点に関しては、事前に菩提寺もしくは開眼供養をお願いするお寺の僧侶に確認を
しておくことをお勧めします。 自宅で開眼供養を行うことが難しい場合は、寺院で行うこともできます。
ご本尊と位牌を寺院に持ち込み、開眼供養のあと、自宅にご本尊と位牌を持ち帰って、仏壇に戻します。

寺院で行う場合は、事前に僧侶に相談しましょう。 なお、四十九日法要などの弔事を一緒に執り行う場合は、
開眼供養の後に行われます。開眼供養が終わりましたら、ロウソクを白に変え、開眼供養用のお供え物も下げましょう。


僧侶も開眼供養が終わったら、袈裟(けさ)を慶事用から弔事用にお着替えをされますので、
自宅で執り行う場合は、お着替えの場所も準備しておきましょう。

 

当日の準備

1. 当日炊いたご飯を仏器(ぶっき)に盛りましょう
2. 花立てにお花をお供えしましょう
3. 朱色のロウソクを燈台(とうだい)にたてましょう
4. 仏膳に料理を供え、お箸を仏壇の方向に向けて置きましょう
5. 高月(たかつき)や供物台(くもつだい)に果物やお菓子を供えましょう

 

当日の流れ

続いて、当日の流れを紹介します。
1. 招待客をお迎えします
2. 僧侶をお迎えします
3. 僧侶にお茶を出して、少しの時間談笑します
4. 開眼供養を行います
5. 参列者にて焼香をします
6. 席を移動して、会食します

 

仏壇の開眼はお布施やお供えが必要!金額相場や水引の色は?

開眼供養は、四十九日などの法要と行う場合と開眼供養のみを行う場合があります。
いずれの場合でも、お布施は別々に準備をする場合とまとめる場合があります。
以下では、それぞれの場合でのお布施の相場や水引について説明しますので、ぜひ、参考にしてください。

 

開眼供養のみを行う場合

開眼供養のみを行う場合の、お布施の金額相場や水引・不祝儀袋の表書き・金額相場について紹介します。

・袋: のしなしの金封
・水引:紅白の結び切り、紅白のあわび結び
・表書き:開眼御礼、開眼供養御礼、御入魂御礼
・金額相場:3万円〜5万円

 

四十九日法要などと開眼供養を一緒に行う場合

四十九日法要などの回忌法要と開眼供養を一緒に行う場合の、
お布施の金額相場や水引・不祝儀袋の表書き・金額相場について紹介します。

 

開眼法要の金額相場や不祝儀袋

・袋:白封筒
・水引:黒白または双銀結び切り
・表書き:御布施
・金額相場:開眼供養金額の1.5倍〜2倍

 

四十九日法要の金額相場や不祝儀袋

・袋:白封筒
・水引:なし
・表書き:御布施
・金額相場:3万円〜5万円

お札は、半紙の中包みに入れ、奉書紙で包むのが正式ですが、白無地の封筒で代用することも多くなってきています。

 

その他必要なもの

開眼供養の際、僧侶にお渡しするのはお布施の他に以下のものがあります。

 

御車代

 僧侶に自宅に来て頂く場合にお渡しします。  相場は、5千円〜1万円程度となります。
白い封筒に「御車代」と上部中央に書きます。

 

御膳料

 僧侶が開眼供養後の会食に出席されない場合にお渡しします。
相場は、5千円〜1万円程度となります。  白い封筒に「御膳料」と上部中央に書きます。

 

開眼供養の服装および持ち物

開眼供養の際の服装は、基本的に喪服となります。 四十九日法要などと一緒に執り行う場合は、
なおさら喪服着用が良いとされています。また、アクセサリーに関しても、葬式や通夜と同様でパールを
着用されることをお勧めします。

持ち物としては、通夜や葬式と同じく、数珠が必要となります。慶事ということで、数珠は必要ないと思われる方も
いらっしゃるかと思いますが、仏教行事の一つとなりますので、必ず準備をするようにしましょう。
数珠は、共有することは控えた方が良いため、お子さまが同席される場合、お子さま用として
一つ準備されることをお勧めします。

まとめ

「開眼供養」という言葉自体、あまり馴染みのない方もいらっしゃったかと思いますが、いかがでしたでしょうか。
供養という言葉から、お祝い事であると思われていなかった方もいらっしゃるかと思いますが、
ご本尊や位牌の目を開くという慶事となります。

こちらでご紹介したのは、一般的な流れとなります。開眼供養は、宗派によって細かいところで違いがありますので、
事前に僧侶と打ち合わせを行い、滞りなく、開眼供養の日をお迎えするようにしましょう。