浄土宗では、阿弥陀仏の本願(本当の願い)を信じ「南無阿弥陀仏」と唱えれば、すべての苦しみから救われ必ず極楽浄土に往生できると教えられています。宗派によって、ご本尊様や仏具が異なります。ここでは、浄土宗にお仏壇や仏具の、選び方から必要な仏具まで画像付きで解説しています。
(選び方や祀り方は地域やお寺によって異なる場合があります。気になる方は菩提寺に確認されることをお勧めします。)

仏壇・位牌・仏具の選び方

お仏壇の選び方

浄土宗のお仏壇

浄土宗のお仏壇選びは、特にどのお仏壇という決まりはありません。
モダン仏壇、唐木仏壇、ミニ仏壇など、どの仏壇でもお選びいただけます。

 

お仏壇のサイズについて

「床に直接」、「タンスや棚の上」、「机の上から」の3つから検索できますので
お客様のお部屋にあった仏壇サイズをお選びいただけます。

位牌の選び方

浄土宗の位牌

塗位牌、唐木位牌、モダン位牌、回出位牌からお選びいただけます。 特定の形のお位牌を選ばなければいけないという決まりは ありませんので、ご予算とデザインに応じてお好みでお選びいただけます

お位牌のサイズについて

一般的には3.0寸~4.0寸がよく選ばれています。
掛け軸や仏像よりも大きくならないようにご注意ください。

ご本尊・脇侍の選び方

浄土宗のご本尊・脇侍

本尊に仏像を祀る場合、「舟立弥陀如来(ふなだちみだにょらい)」を祀ります。 掛け軸の場合は、阿弥陀如来の後光が指している掛け軸を祀るのが一般的です。脇侍には、法然上人(ほうねんしょうにん)」(左脇掛け)、「善導大師 (ぜんどうだいし)」(右脇掛け)を祀ります。

ご本尊と脇侍のサイズの選び方について

本尊棚の高さを基準にし、ご本尊と脇侍の高さを決めましょう。
ご本尊が仏像の場合、脇侍の掛け軸は本尊よりも少し低く祀るのが一般的です。

仏具の選び方

浄土宗の仏具

仏具の基本は三具足(花立・火立・香炉)になります。続いて、五具足(花立・火立・香炉・仏器・茶湯器)になりますが、 それぞれ三具足や五具足をセットにしたもの、三具足や五具足に線香差しやマッチ消しやおりんを 付けた仏具を祀るのが基本的な形となります。

〇当店オススメの祀り方で揃えておきたい仏具

必要な仏具が一度に揃う「仏具セット」をお勧めします。