9.位牌購入の注意 - 位牌の知識

位牌購入時の注意すべきポイント

「位牌」は日常的に購入するものではなく、身内が亡くなって初めて購入するという方も少なくないでしょう。

一口に「位牌」といっても、材質や製法、デザインなどが様々で、そのバリエーションは大変豊富です。
金額も、
1,000円台で買えるものから、100万円を超えるものまで、幅広く揃っています。
位牌の購入が初めてであればなおさら、どうやって選べば良いのかわからなくなってしまうかもしれません。

そこで、最後に、位牌購入時の注意についてお伝えします。

注意点は2つあります。

1つ目は、あまりにも安すぎる位牌には注意することです。
他の項目でも説明している通り、位牌には、価格を決定づけるポイントがいくつかあります。
それらを知れば、平均的な位牌の価格より大幅に安いものには、
それなりの理由があることがお分かりいだだけるでしょう。

安い位牌がすべて粗悪品とは言いませんが、特別に安い位牌は、材料の質を落としたり、
作製の工程を省いたりしなければ実現できません。
位牌が故人を供養するために長く使うものであることを考えると、
やはり、安すぎる位牌には注意したほうが良いでしょう。

2つ目の注意点は、開眼供養(御霊入れ)の必要性です。
位牌は、購入して戒名を入れただけで完了ではありません。
仏壇と同じように、僧侶に依頼して開眼供養(御霊入れ)していただくことで、
初めて故人の位牌として供養できるようになります。この開眼供養(御霊入れ)は、
四十九日の法要時に行われるのが一般的です。